Message

<公開応援メッセージ>

第5回札幌国際短編映画祭でグランプリ・主演男優賞・撮影賞・作曲賞の4冠に輝いた短編映画「自転車」のチームが長編を作った。ずっとこの映画が見たかった。「自転車」「干し柿」と来て今回は「蝉(CICADA)」。彼らの生み出す世界は記憶と触覚を刺激し、ありふれた日常に潜む〈神秘〉と〈象徴〉を浮かび上がらせる。

    映画監督/札幌国際短編映画祭 フェスティバル・ディレクター 島田英二

言ってしまえば、パッとしない人生を送るパッとしない人々の話。私たちの人生はいつまでもうだつが上がらないけれど、気づかない程の小さな奇跡や優しさが時々あって、そんなもので驚くほど救われてしまう。人はみっともなくて愛しい。心をいつの間にか覆っていた硬い皮膚を、一枚脱がしてくれるような映画です。日本での公開おめでとうございます。

    アーティスト チョーヒカル

傑作短編映画「自転車」の世界観にやられ、「千里眼」のロサンゼルスプレミアに矢も盾もたまらず駆けつけたのは何年前だったろう。いずれの映画にも主演してる佐生有語が素晴らしくて自身の映画にも出演して頂きました。ようやく日本でも公開されるんですね。おめでとう!

    映画監督 岩井俊二

予告編を再生